1. TOP
  2. 家族旅行のスーツケースの工夫と、シート予約の工夫

家族旅行のスーツケースの工夫と、シート予約の工夫

搭乗手続きの為にエアアジアのチェックインカウンターでは、ここでも格安旅行の一工夫です。通常は大きいスーツケースに家族全員のものを入れて預けてしまいますが、今回は小型の持ち込み可能サイズのケース4個に分けました。

エアアジアは手荷物1つ、7kgまでなら無料です。この方法で経費を節約します。

チケットを入手したら出国手続きをしていざ搭乗。エアアジアの機体まではバスで移動。飛行機のシートは最後尾の1列6シートを予約しました。通常は前から階段で乗り込みますが、飛行機はエアバスA320で後部からも搭乗できるタイプで、前と後ろの両方に階段がついていました。

今回初めて後ろからのりましたが、乗って最初にシートにつけるのでちょっと得した気分を味わうことができました。シートは横一列をとったのですが、エアアジアのシートピッチはかなり狭いので、3x2の配置でシートをとったほうが良かったみたいです。小さい子供はけっこう暴れるので前のシートの方に迷惑になることが、しばしばありますから要注意ですね。

韓国までのおよそ2時間のフライトを快適に過ごし仁川(インチョン)空港に到着しました。空港はアジア圏最大級の空港だけあって立派です。近年完成したこともあってとてもきれいですし、デザイン的に優れています。到着ゲートから入国ロビーまでは空港内のシャトルトレインで移動します。

入国審査は特に質問攻めにあうこともなく非常にスムースで短時間で通過できました。アメリカだと入国審査だけで1時間近く列を作って待つこともあるので、数分で終了したのはうれしいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

韓国買い物エステ旅行記集の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

韓国買い物エステ旅行記集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2013年8月激安子連れ旅行

この人が書いた記事  記事一覧

  • 韓国へ子連れ家族旅行の感想と、ソウルのWifi環境

  • バスの乗り方と、ソウル駅、スコール

  • タイムズスクエアと夏のスコール対策

  • 韓国の秋葉原、龍山。現金は割引OK、カードは×

関連記事

  • 子連れ韓国旅行の機内持ち込み荷物&旅をスムーズにするコツ

  • スーツケースの重量オーバーと帰りの飛行機の中

  • 韓国旅行の持ち物、私は機内持ち込み可スーツケース1個に収めます

  • 韓国ソウルのホテルの選び方のコツ

  • 韓国エステ体験

  • 韓国旅行の必需品と持ち物。化粧品、薬など