1. TOP
  2. バスの乗り方と、ソウル駅、スコール

バスの乗り方と、ソウル駅、スコール

最終日、帰国のフライトは午後6時なので、午前中は主に荷造りをして10時にチェックアウト。

この日はバスでソウル駅まで出ました。やはり知らない街の移動はバスが一番楽しいです。土地勘が無い場合でもある程度方位を頭に入れておくことで地図を見ながらいろいろな所置くことができます。街の風景を楽しみながら移動できるので観光にはもってこいですね。

ソウルを走るバスはやはりT-Moneyでのります。乗るときにタッチしてのりますが、降りる時にもタッチする端末があります。これは乗り継ぎをするときに割引が適用されるシステムになっている為です。またバスは色によって移動する距離があらわされていて、これでバスの移動する距離を判断することができるみたいです。

ソウル駅に到着すると、まずは手荷物を駅のコインロッカーに預けて、時間の許す限り観光にでかけます。ソウル駅の旧駅舎が新駅舎に隣接してあり、博物館博物館のようになっていました。

旧駅は東京駅のミニチュア版といったところ赤煉瓦が風情を引き出しています。ソウル駅周辺にある雑貨街まで移動してお土産を物色していた所、またしてもスコール。

今回の渡航で一番の雷雨でした、幸いにしていち早く地下街に入って難を凌ぎましたが、視界が通らなくなるくらいの豪雨でした。空港方面からの雨だったので飛行機が飛ぶかどうかかなり心配になりましたが。フライトまで4〜5時間あったのでひとまず空港まで移動。でもその間にはすっかり晴れて太陽がでてきたので、やはり韓国のこの時期はこういったスコールが常なのかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

韓国買い物エステ旅行記集の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

韓国買い物エステ旅行記集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2013年8月激安子連れ旅行

この人が書いた記事  記事一覧

  • 韓国へ子連れ家族旅行の感想と、ソウルのWifi環境

  • バスの乗り方と、ソウル駅、スコール

  • タイムズスクエアと夏のスコール対策

  • 韓国の秋葉原、龍山。現金は割引OK、カードは×

関連記事

  • 韓国の秋葉原、龍山。現金は割引OK、カードは×

  • 南大門市場で男の買い物

  • ツアーで強制的にお土産屋さんへ連行

  • ソウルの地下鉄

  • 韓国の冬

  • 韓国には観光客向けの無料体験がたくさん!