1. TOP
  2. 2泊3日2.5万円ツアー。ウォン計算方法、コンセントの形

2泊3日2.5万円ツアー。ウォン計算方法、コンセントの形

韓国旅行記です。韓国は、日本から1番近くてお手軽なイメージありますね。実際どのくらい近いかっていうと長崎県の対馬列島から50キロくらい。もはや距離的には国内レベルですね。東京から飛行機で2時間ほどで着いてしまいます。あとは韓国といえば韓流にコスメにグルメにと、楽しみは結構浮かんできますね。NEWSを見てるとなーんかな?って感じがする国だけど、旅行するのに政治は関係ない!と言う事で2泊3日の韓国旅してきました。ソウルが中心になります。

予約は日本旅行さん。昔からある大御所旅行会社ですね。航空券+2泊ホテルで¥25000ほど。固定費これで以上です。安い!。国内旅行より安いというのが驚きですね。

韓国の通貨単位は「ウォン」1ウォン≒0.075円前後(2010年5月時点)くらいでした。1万円≒125000ウォンくらいです。何か慣れないですね。ドルみたいに¥100がいくら?とか考えるとややこしいです。ウォン値段から0を一つ引いて25%割引とかわかりやすいです。つまりTシャツが10000ウォンで売ってたら¥750。食事して15000ウォンだったら¥1125みたいな感じ。とりあえず羽田空港の換金カウンターで¥20000ほど換金。250000ウォン。何か大金持ちになった気分(笑)。

あと韓国はコンセントの電圧が違います。220Vです。まあ携帯やデジカメの充電器なら、大体対応できる範囲なので、そこまで問題はないです。不安なら充電器の裏に「AC100-240V」とか書いてあるのを確認しましょう。要は220V以上の数字になっていれば大丈夫ということです。コンセントの穴が違う場合ありますのでその場合は韓国用の変換器が必要になります。まあ大抵のホテルは大丈夫です。

\ SNSでシェアしよう! /

韓国買い物エステ旅行記集の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

韓国買い物エステ旅行記集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2011年5月ソウル男旅

この人が書いた記事  記事一覧

  • ツアーで強制的にお土産屋さんへ連行

  • 韓国焼き肉@明洞

  • Nソウルタワー

  • 南大門市場で男の買い物

関連記事

  • 子連れ韓国旅行のツアーの選び方

  • 韓国ソウルのホテルの選び方のコツ

  • 子連れ旅行でのソウル地下鉄の乗り方と外貨両替

  • 最強のユースホテル、6人で一泊9000円!

  • ウリ銀行(Woori Bank)で外貨両替してみた

  • インチョン空港で両替とデータSIM購入