1. TOP
  2. 1月の韓国旅行に準備した服装

1月の韓国旅行に準備した服装

韓国は外は寒いけれども地下鉄や建物の中はしっかりと暖房が効いていてとても暖かいとのこと。

汗っかきな子供が一緒なので、観光の際、外と中の出入りでの脱ぎ着は必要なようです。

脱ぎ着しやすくて短距離の移動(ビルtoビル)ならばダウン片手でも行けてしまうような服装を考えました。

下着は保温性の優れた薄手の長袖と下はレギンスやトレンカ。

その上にタートルネックの長袖シャツ。下はジーンズ。

更にその上にフリースを着てダウンジャケットを羽織ります。

足元は薄手の5本指ソックスの上から保温性の高いソックスをはきました。

帽子はニット帽で耳が隠れるものか、耳あて、もし雪が降ればマフラーもあった方が良いと思われます。

手袋も厚手のニットで5本指の物にしました。が、これは少し失敗でした。

5本指の部分の長さが半分ほどで、指を使わない時はその上から指を覆うタイプの物がベストチョイスです。

5本指の手袋は外すと手袋をしまうのに手間取るし、また、はめるときも大変でした。

とても悩んだのが靴選びでした。

東京に住む私は、少々の雪でも歩くのに苦慮します。

実際に韓国に行く直前に東京に大雪が降ったのですが、全ての家庭に雪かき用のシャベルを持ち合わせているわけでもないので、普通に外出できるようになるまでにそうとうな時間を要しました。

スノーブーツで行こうかとも考え、子供用のスノーブーツを購入して履かせてみたのですが「重い」とのことで却下されました。

結局息子は普段からは着なれている「瞬足」で、私は中がモコモコと温かい素材でできている靴で行くことにしました。

これは天候に恵まれたこともあって大正解でした。

韓国の冬はとても厳しいので雪も降りますが、降った後の雪の処理が早いのか、車道はもちろんのこと歩道も歩くのに一切支障がありませんでした。

着替えはたった2泊3日だったので替えのジーンズは持たず、下着のみ2枚ずつ入れて、足りない分はせっかくのお洋服天国の韓国で買うつもりでほとんど持って行きませんでした。

\ SNSでシェアしよう! /

韓国買い物エステ旅行記集の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

韓国買い物エステ旅行記集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2013年1月子連れ韓国旅行

この人が書いた記事  記事一覧

  • 子連れ韓国旅行の機内持ち込み荷物&旅をスムーズにするコツ

  • 子連れ旅行でのソウル地下鉄の乗り方と外貨両替

  • 子連れ韓国旅行のレストラン選びと買い物時の注意

  • 子連れ韓国旅行で選んだ具体的な観光地その2

関連記事

  • 子連れ韓国旅行でのスケジュールは難しい?

  • 子連れ韓国旅行で選んだ具体的な観光地その2

  • 子連れ韓国旅行の機内持ち込み荷物&旅をスムーズにするコツ

  • 家族旅行のスーツケースの工夫と、シート予約の工夫

  • 子連れ韓国旅行の旅行会社とホテル選び&おすすめホテル

  • 韓国旅行の必需品と持ち物。化粧品、薬など