1. TOP
  2. 子連れ韓国旅行で選んだ具体的な観光地その1

子連れ韓国旅行で選んだ具体的な観光地その1

 2017/02/02 おすすめ観光/楽しみ方/見所 ソウル 子連れ家族旅行
この記事は約 3 分で読めます。 195 Views

普通にソウルに行ったら訪れるであろう場所は押さえておきたかったので、東大門、南大門、明洞は必ず行こうと思いました。

女友達と行くなら少々の知識はあるものの、こと、子供との韓国旅行でどこに行ったらよいかなどと言う知識は全くなかったのと、自分の持っている少ない知識があまりにも古かったため、まずは必需品の地図や路線図を手に入れるために本屋さんで一冊ガイドブックを購入しました。

そういった本には路線図とメインとなる観光地の詳細な地図が付録として付いているのでとても便利です。

本の内容はどれも洋服屋さんやモールの情報やコスメやグルメやエンターテイメントについて書かれていて大差ないので、自分が韓国に行った時に使いやすそうな路線図と地図で選べばよいでしょう。

ガイドブックの情報で満足のいく行程を決めることは絶対に不可能ですから!

ちなみに私の行った本屋さんには子供をターゲットとした本はありませんでした。

足りない情報はインターネットでかき集めます。

そういえば、、、息子が2〜3歳のころ大好きで見ていたアニメが韓国のものだったことを思い出しました。

ポロロというアニメです。

調べればそのテーマパークがソウル郊外でそう遠くないところにあることがわかりました。

2011年新道林駅にできたばかりのD-CUBE CITYという大型複合ショッピングモールの4階にあります。

ここはお子様がポロロを知らなくても楽しめるテーマパークなので小学2年生くらいまでのお子さんならどなたでも楽しめる場所だと思います。

そして遊び疲れて外に出れば、大人は買い物も楽しめるしゆっくりと食事をすることもできます。

韓国にはソウルだけでなく郊外にも楽しめる場所があることが徐々にわかってきました。

あとはお子様の好みと、気候や日数によって足を伸ばすなどしてみてはいかがでしょうか。

悪天候では子供を連れて町を歩くのも大変かと思います。

D-CUBE CITYのように屋内の施設で子供も大人も楽しめるような場所をいくつかピックアップしておくことも大切です。

↓つづきます。

\ SNSでシェアしよう! /

韓国買い物エステ旅行記集の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

韓国買い物エステ旅行記集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2013年1月子連れ韓国旅行

この人が書いた記事  記事一覧

  • 子連れ韓国旅行の機内持ち込み荷物&旅をスムーズにするコツ

  • 子連れ旅行でのソウル地下鉄の乗り方と外貨両替

  • 子連れ韓国旅行のレストラン選びと買い物時の注意

  • 子連れ韓国旅行で選んだ具体的な観光地その2

関連記事

  • ツアーで強制的にお土産屋さんへ連行

  • ウリ銀行(Woori Bank)で外貨両替してみた

  • スーパーマーケットのemartはお土産の買い物に最適!

  • バッピンス

    韓国スイーツ「バッピンス」は太極堂がおすすめ

  • ソウル地下鉄と、タクシーの相乗り

  • 韓国の秋葉原、龍山。現金は割引OK、カードは×